渋谷哲朗の小部屋

English version

自己紹介

東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター、医療データ情報学分野(情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻協力講座)の渋谷哲朗(しぶや・てつお)です。研究室は白金台キャンパスにあり、研究室からは六本木ヒルズや東京タワーなど夜景が綺麗です。

 近年、医科学・生物学の分野では、次世代シークエンサー等の実験機器の革命的発展により、とてつもない量のデータが産出されるようになりました。そのような巨大なデータは一般的にビッグデータとよばれますが、本研究室では、これら医科学・生物学のビッグデータに対し、新たな情報処理アルゴリズムの基板研究開発によってこれまで不可能だった解析を可能とし、医科学を新しい次元へ進展させることをめざす研究を行っています。さらに、それらの技術を実際の個人ゲノム医療などの現場へとつないでいくことも目指しています。
 情報処理技術としては、様々な大規模医科学ビッグデータに対する
大規模高度検索技術の研究や、それらビッグデータの解析のための新しい人工知能(AI)技術の研究を行っています。特にその基盤となる、大規模検索技術などのアルゴリズム基盤の研究や、深層学習をはじめとする学習技術などの研究を行っています。また、医療データはプライバシー保護などの観点も必要なことから、ビッグデータのプライバシー保護技術などの研究も行っています。
 また、実際の個人医療等につなげていく研究として、2011年頃より、医科学研究所附属病院と共同で
臨床シークエンスに関する共同研究も開始しています。最新の次世代シークエンサーデータの精度向上など、最先端の医科学に直結する研究も行っています。


医科学研究所構内にて

研究内容についてより詳しくは、渋谷研究室のページ(コンピュータ科学専攻)や、論文リストもご覧ください。また研究室見学や共同研究などのご希望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

連絡先


Copyright (c) 2004- Tetsuo Shibuya. All rights reserved.